Catalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGsで掲げられている17の目標(Goal)の3番目「すべての人に健康と福祉を(“GOOD HEALTH AND WELL-BEING”)」について説明します。

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の概要

Ensure healthy lives and promote well-being for all at all ages
(あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する)

という宣言文になっています。

幼児死亡率、妊産婦の健康改善、HIV(エイズ)、マラリアなどに代表される疾病対策分野では改善傾向が続いおり、一層の加速が求められています。

一方で、5歳の誕生日を迎えられずに命を落とす子どもは依然として600万人を超えています。はしかや結核などの予防可能な病気で毎日1万6,000人の子どもが命を失っているのが現状です。

国連のレポートによると、2017年時点では必須医療サービスを受けられない人が世界人口の半分以上います。また、COVID-19によってこの数十年間の疾病対策分野における改善傾向が反転する懸念があると報告されています。

SDGs目標3概要_2020【出典】国際連合広報センター

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」のターゲット

「目標3.すべての人に健康と福祉を」には13個のターゲット(個別目標)があります。

世界の妊産婦と新⽣児死亡率の減少や、エイズ、結核、マラリアをはじめとした伝染病の根絶といった目標に加えて、「感染症以外での若年者の死亡」「薬物乱⽤やアルコール」「交通事故死」「有害化学物質や土壌・水質汚染」「基礎的な保健サービス」といった様々なターゲットを設定しています。

目標3_ターゲット3.1 3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を出⽣10万⼈当たり70⼈未満に削減する。
目標3_ターゲット3.2 3.2 すべての国が新⽣児死亡率を少なくとも出⽣ 1,000件中12件以下まで減らし、5 歳以下死亡率を少なくとも出⽣1,000件中25件以下まで減らすことを⽬指し、2030 年までに、新⽣児及び 5 歳未満児の予防可能な死亡を根絶する。
目標3_ターゲット3.3 3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリア及び顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、⽔系感染症及びその他の感染症に対処する。
目標3_ターゲット3.4 3.4 2030年までに、⾮感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。
目標3_ターゲット3.5 3.5 薬物乱⽤やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱⽤の防⽌・治療を強化する。
目標3_ターゲット3.6 3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
目標3_ターゲット3.7 3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育及び性と⽣殖に関する健康の国家戦略・計画への組み⼊れを含む、性と⽣殖に関する保健サービスをすべての⼈々が利⽤できるようにする。
目標3_ターゲット3.8 3.8 すべての⼈々に対する財政リスクからの保護、質の⾼い基礎的な保健サービスへのアクセス及び安全で効果的かつ質が⾼く安価な必須医薬品とワクチンへのアクセスを含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。
目標3_ターゲット3.9 3.9 2030 年までに、有害化学物質、ならびに⼤気、⽔質及び⼟壌の汚染による死亡及び疾病の件数を⼤幅に減少させる。
目標3_ターゲット3.a 3.a たばこの規制を強化する すべての国々において、たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の実施を適宜強化する。
目標3_ターゲット3.b 3.b 主に開発途上国に影響を及ぼす感染性及び⾮感染性疾患のワクチン及び医薬品の研究開発を⽀援する。また、知的所有権の貿易関連の側⾯に関する協定(TRIPS 協定)及び公衆の健康に関するドーハ宣⾔に従い、安価な必須医薬品及びワクチンへのアクセスを提供する。同宣⾔は公衆衛⽣保護及び、特にすべての⼈々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側⾯に関する協定(TRIPS 協定)」の柔軟性に関する規定を最⼤限に⾏使する開発途上国の権利を確約したものである。
目標3_ターゲット3.c 3.c 開発途上国、特に後発開発途上国及び⼩島嶼開発途上国において保健財政及び保健⼈材の採⽤、能⼒開発・訓練及び定着を⼤幅に拡⼤させる。
目標3_ターゲット3.d 3.d すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康危険因⼦の早期警告、危険因⼦緩和及び危険因⼦管理のための能⼒を強化する。

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の日本の達成度スコア

SDSNとベルテルスマン財団が発表しているレポート「SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT(持続可能な開発報告書)」によると、2020年度における日本の総合スコアは79.1(世界17位)でした。

SDGs目標3の評価に関しては、

  • 現状(CURRENT ASSESSMENT):課題が残っている
  • 傾向(TRENDS):達成軌道にある

となっています。

日本のSDGs目標3達成度スコアSDGs目標3.達成度_評価と傾向【出典】SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の日本の現状

国民皆保険制度のおかげで、医療や福祉サービスへのアクセスは比較的良い日本ですが、人口動態統計の死亡者総数に対する死亡原因別の順位で「自殺」が9位(1.5%)となっています。

2012年以降は自殺者数は減っていますが、G8国のなかでは韓国と並んで自殺率が高い国となっています。

2018年度における全年齢層の自殺の原因・動機の1位は「心身の健康問題で、具体的にはうつ病などの精神疾患などが原因になっています。2位は「生活苦、借金などの経済・生活問題」で、生活保護を受けている人の自殺率は一般の人の2倍となっており、特に20代では6倍となっています(2012年)

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する ▶︎GOAL3のターゲットを見る […]

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top