Catalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

SDGs目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGs目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGsで掲げられている17の目標(Goal)の7番目「エネルギーをみんなにそしてクリーンに(“AFFORDABLE AND CLEAN ENERGY”)」について説明します。

SDGs目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の概要

Ensure access to affordable, reliable, sustainable and modern energy for all
(全ての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する)

という宣言文になっています。

SDGs目標7概要_2020【出典】国際連合広報センター

SDGs目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」のターゲット

「目標7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに」には5つのターゲット(個別目標)があります。

目標7_ターゲット7.1 7.1 2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。
目標7_ターゲット7.2 7.2 2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再⽣可能エネルギーの割合を⼤幅に拡⼤させる。
目標7_ターゲット7.3 7.3 2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
目標7_ターゲット7.a 7.a 2030年までに、再⽣可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化⽯燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協⼒を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。
目標7_ターゲット7.b 7.b 2030年までに、各々の⽀援プログラムに沿って開発途上国、特に後発開発途上国及び⼩島嶼開発途上国、内陸開発途上国のすべての⼈々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給できるよう、インフラ拡⼤と技術向上を⾏う。

SDGs目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の日本の達成度スコア

SDSNとベルテルスマン財団が発表しているレポート「SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT(持続可能な開発報告書)」によると、2020年度における日本の総合スコアは79.1(世界17位)でした。

SDGs目標7の評価に関しては、

  • 現状(CURRENT ASSESSMENT):重要な課題が残っている
  • 傾向(TRENDS):緩やかに改善している

となっています。

日本のSDGs目標7達成度スコアSDGs目標7.達成度_評価と傾向【出典】SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 全ての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する (Ensure access to affordable, reliable, sustainable and modern energy for all.) ▶︎GOAL7のターゲットを見る […]

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top