Catalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

SDGs目標6「安全な水とトイレを世界中に」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGs目標6「安全な水とトイレを世界中に」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGsで掲げられている17の目標(Goal)の6番目「安全な水とトイレを世界中に(“CLEAN WATER AND SANITATION”)」について説明します。

SDGs目標6「安全な水とトイレを世界中に」の概要

Ensure availability and sustainable management of water and sanitation for all
(全ての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する)

という宣言文になっています。

SDGs目標6概要_2020【出典】国際連合広報センター

SDGs目標6「安全な水とトイレを世界中に」のターゲット

「目標6.安全な水とトイレを世界中に」には8つのターゲット(個別目標)があります。

目標6_ターゲット6.1 6.1 2030年までに、すべての⼈々の、安全で安価な飲料⽔の普遍的かつ衡平なアクセスを達成する。
目標6_ターゲット6.2 6.2 2030年までに、すべての⼈々の、適切かつ平等な下⽔施設・衛⽣施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。⼥性及び⼥児、ならびに脆弱な⽴場にある⼈々のニーズに特に注意を払う。
目標6_ターゲット6.3 6.3 2030年までに、汚染の減少、投棄の廃絶と有害な化学物・物質の放出の最⼩化、未処理の排⽔の割合半減及び再⽣利⽤と安全な再利⽤の世界的規模で⼤幅に増加させることにより、⽔質を改善する。
目標6_ターゲット6.4 6.4 2030年までに、全セクターにおいて⽔利⽤の効率を⼤幅に改善し、淡⽔の持続可能な採取及び供給を確保し⽔不⾜に対処するとともに、⽔不⾜に悩む⼈々の数を⼤幅に減少させる。
目標6_ターゲット6.5 6.5 2030年までに、国境を越えた適切な協⼒を含む、あらゆるレベルでの統合⽔資源管理を実施する。
目標6_ターゲット6.6 6.6 2020年までに、⼭地、森林、湿地、河川、帯⽔層、湖沼を含む⽔に関連する⽣態系の保護・回復を⾏う。
目標6_ターゲット6.a 6.a 2030年までに、集⽔、海⽔淡⽔化、⽔の効率的利⽤、排⽔処理、リサイクル・再利⽤技術を含む開発途上国における⽔と衛⽣分野での活動と計画を対象とした国際協⼒と能⼒構築⽀援を拡⼤する。
目標6_ターゲット6.b 6.b ⽔と衛⽣の管理向上における地域コミュニティの参加を⽀援・強化する。

SDGs目標6「安全な水とトイレを世界中に」の日本の達成度スコア

SDSNとベルテルスマン財団が発表しているレポート「SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT(持続可能な開発報告書)」によると、2020年度における日本の総合スコアは79.1(世界17位)でした。

SDGs目標6の評価に関しては、

  • 現状(CURRENT ASSESSMENT):課題が残っている
  • 傾向(TRENDS):達成軌道にある

となっています。

日本のSDGs目標6達成度スコアSDGs目標6.達成度_評価と傾向【出典】SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT

コメント&トラックバック

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 全ての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する(Ensure availability and sustainable management of water and sanitation for all.) ▶︎GOAL6のターゲットを見る […]

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top