Catalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」の概要・ターゲット・現状(世界と日本)

SDGsで掲げられている17の目標(Goal)の16番目「平和と公正をすべての人に(“PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS”)」について説明します。

SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」の概要

Promote peaceful and inclusive societies for sustainable development, provide access to justice for all and build effective, accountable and inclusive institutions at all levels
(持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、全ての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する)

という宣言文になっています。

SDGs目標16概要_2020【出典】国際連合広報センター

SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」のターゲット

「目標16.平和と公正をすべての人に」には12個のターゲット(個別目標)があります。

目標16_ターゲット16.1 16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴⼒及び暴⼒に関連する死亡率を⼤幅に減少させる。
目標16_ターゲット16.2 16.2 ⼦どもに対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴⼒及び拷問を撲滅する。
目標16_ターゲット16.3 16.3 国家及び国際的なレベルでの法の⽀配を促進し、すべての⼈々に司法への平等なアクセスを提供する。
目標16_ターゲット16.4 16.4 2030年までに、違法な資⾦及び武器の取引を⼤幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
目標16_ターゲット16.5 16.5 あらゆる形態の汚職や贈賄を⼤幅に減少させる。
目標16_ターゲット16.6 16.6 あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の⾼い公共機関を発展させる。
目標16_ターゲット16.7 16.7 あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型及び代表的な意思決定を確保する。
目標16_ターゲット16.8 16.8 グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡⼤・強化する。
目標16_ターゲット16.9 16.9 2030年までに、すべての⼈々に出⽣登録を含む法的な⾝分証明を提供する。
目標16_ターゲット16.10 16.10 国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的⾃由を保障する。
目標16_ターゲット16.a 16.a 特に開発途上国において、暴⼒の防⽌とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでの能⼒構築のため、国際協⼒などを通じて関連国家機関を強化する。
目標16_ターゲット16.b 16.b 持続可能な開発のための⾮差別的な法規および政策を推進し、実施する。

SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」の日本の達成度スコア

SDSNとベルテルスマン財団が発表しているレポート「SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT(持続可能な開発報告書)」によると、2020年度における日本の総合スコアは79.1(世界17位)でした。

SDGs目標16の評価に関しては、

  • 現状(CURRENT ASSESSMENT):達成
  • 傾向(TRENDS):達成を維持

となっています。

日本のSDGs目標16達成度スコアSDGs目標16.達成度_評価と傾向【出典】SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT

コメントする

*
*
* (公開されません)

Return Top