ソーシャルグッドCatalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

ファッション(繊維)に関する社会問題一覧

ファッション(繊維)に関する社会問題一覧

人の生活の三大要素である「衣」に関わるファッション(繊維)産業。「」と同様、環境に対する負荷に代表される様々な社会問題があり、持続可能性に対する負のインパクトは巨大なものとなっています。

ここでは、ファッション(繊維)産業に関する社会問題を紹介します。

二酸化炭素を大量に排出

2017年度のエレンマッカーサー財団のレポートによれば、世界で排出されるCO2の約10%はファッション産業が排出しており、このままだと2050年には26%を占めると予想しています。

石油を大量に消費

2015年には9800万トン、2050年には3億トンの石油を消費することが予想されています。

A NEW TEXTILES ECONOMY:REDESIGNING FASHION’S FUTURE_1
【出典】エレンマッカーサー財団「A NEW TEXTILES ECONOMY:REDESIGNING FASHION’S FUTURE」

水の使用量の多さ

水の使用量では石油産業に次いでワースト2位の産業となっています。

衣類の製造には、毎年930億m3の水が使用されています。WWFの報告では、1枚のTシャツを生産するのに約2700ℓの水を必要とします。これは5人分の1年間の必要飲料水量に匹敵します。

ウズベキスタンでは木綿を栽培するために多くの水を消費したため、50年でアラル海が干からびてしまった原因と言われています。

水の汚染(マイクロプラスチック排出含む)

産業に起因する世界中の水質汚染のうち、20%はファッション産業が原因となっていると言われています。

例えば、綿花栽培時に大量の殺虫剤や除草剤を使用したり、生地の染色時に使用する化学物質が川に排出することで、産業としては2番目に大きな水の汚染源となっています。

国連環境計画とエレン・マッカーサー財団によると、毎年500億本のペットボトルの量に相当する50万トンのマイクロプラスチックが、衣類の洗濯によって海に流出していると報告しています。この量は海中に浮遊するマイクロプラスチックの35%にあたります。

大量の廃棄物(リサイクル率の低さ)

ファストファッションが主流になったことで、流行のサイクルは早まり、衣料品の生産量が増加し、それに伴って廃棄量も増加するという悪循環に繋がっています。世界で毎年作られる服の85%が焼却や埋め立てなどで処分されています。

A NEW TEXTILES ECONOMY:REDESIGNING FASHION’S FUTURE_2
【出典】エレンマッカーサー財団「A NEW TEXTILES ECONOMY:REDESIGNING FASHION’S FUTURE」

また、環境省の報告では、日本国内における衣料廃棄物の排出量は2017年度は147万トンであり、そのうち再生利用される量は29万トン(約20%弱)にとどまっています。

人権問題

世界の繊維産業の平均賃金は低く、過酷な環境下で長時間働いています。また、児童労働や強制労働等の人権問題も改善が必要です。

動物虐待

毛皮の使用は動物虐待にあたります。

終わりに|ファッション(繊維)に関する社会問題一覧

ファッション(繊維)産業の環境破壊や人権問題はメディアで取り上げられることも多くなり、H&MやZARAなどの世界的なSPA(製造小売業)や、NIKEやアディダスなどのグローバル企業も、積極的なサステナビリティ対応を進めています。

消費者側ももっと情報を広げて消費行動を変えることで、この動きを加速していきましょう。

この記事は役に立ちましたか?

Return Top