ソーシャルグッドCatalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

ネスレが「食品ロス削減ボックス」を全国5か所で運用開始

ネスレが「食品ロス削減ボックス」を全国5か所で運用開始

ネスレ日本株式会社(本社: 兵庫県)とみなとく株式会社(本社: 東京都)が、食品ロス削減を目的とした無人販売機「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」の運用を、6月17日(木)から全国5か所で開始することを発表しました。

通常の流通ルートで販売が困難になったネスレ製品を販売

「食品ロス削減ボックス」では、みなとくが開発した冷蔵機能付きの無人販売機「fuubo(フーボ)」を活用し、納品期限(*1)を超過したことで出荷される流通先が限定され、場合によっては廃棄される可能性がある「ネスカフェ」や「キットカット」などのネスレ製品が販売されます。

両社は、飲食が可能でありながら、通常の流通ルートでの販売が困難になっている商品を消費者に販売する新たなチャネルを構築し、食品ロス削減に向けた取り組みとすることを目指します。また、食品ロスを削減することで、農業従事者が生産するコーヒー豆やカカオ豆などの原材料をできる限り無駄にせず、持続可能な形で消費者に商品をお届けする仕組みを作りたいと考えています。

(*1)納品期限: 食品業界の商慣習として取り決められている取引条件の一つ。製品を出荷できる期限が、製造日(月)からの経過期間によって設定されています。

商品購入の手順

①みなとく公式の専用サイト(https://fuubo-nofoodloss.com/)から、購入場所・購入商品を選択し、商品を購入します。
②代金の支払いが完了すると、購入者へワンタイムキーが案内されます。
③購入場所として指定した「食品ロス削減ボックス」に印字されたQRコードをスマートフォンで読み込み、ワンタイムキーを入力するとボックスが解錠され、購入した商品を取り出すことができます。
食品ロス削減ボックスの使い方

設置場所

「食品ロス削減ボックス」は、以下の全国5ヶ所に設置されます。

  • キラリス函館(北海道函館市若松町20番1号)
  • 新宿郵便局(東京都新宿区西新宿1-8-8)
  • ネスカフェ原宿(東京都渋谷区 神宮前1-22-8)
  • JRゲートタワー(愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー)
  • 中国電力本社(広島県広島市中区小町4-33)

【参照】ネスレ日本株式会社
【参照】みなとく株式会社

この記事は役に立ちましたか?

Return Top