ソーシャルグッドCatalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

「未来のレシピ」を公募! 2030年の食のあり方を考える 「Creative Chefs Box 2030」

「未来のレシピ」を公募! 2030年の食のあり方を考える 「Creative Chefs Box 2030」

10月16日(土)の「世界食料デー」に向けて、飲食店を軸に持続可能なフードシステムの実現を目指す、一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会(代表理事:下田屋 毅、以下:SRA-J)は「Creative Chefs Box 2030」を開催します。

SDGsがターゲットとする2030年までに「食」を通じて持続可能な世界を実現することを目的とするイベントで、39歳以下のシェフ、または調理師専門学校の生徒を対象に「未来のレシピ」を公募しています。(応募締切:10月2日(土))

一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会について

食のアカデミー賞と称される「世界のベストレストラン50」でサステナブル・レストラン賞の評価も行う英国本部と連携し、格付けやキャンペーンを実施。サプライヤーやレストラン、消費者コミュニティの構築を通して、フードシステムの課題解決に取り組み、食の持続可能性を推進しています。

公式サイト: https://foodmadegood.jp/

「Creative Chefs Box 2030」について

未来のレシピ公募概要2030年は持続可能な開発目標「SDGs」の達成を目指す年。気候変動課題においても分岐点ともいえる2030年に向けて、どれだけの人が暮らしを思い描けているでしょうか?

食の分野でも、気候変動が食料生産に及ぼす被害が拡大しています。また、飲食事業自体が生み出す温室効果ガスなどの環境負荷といった、フードシステム自体の課題もあります。

そこで、SRA-Jは「2030年の食のあり方」はどうあるべきかを、クリエイティブな視点で考え、解決策としての「未来のレシピ」を作り、広めていくために、「Creative Chefs Box 2030」を開催します。

キャンペーンの内容

キャンペーンの内容については以下のURLで動画による説明もあります。
動画URL: https://youtu.be/Iy4g4SHO86M

応募対象者

39歳以下のシェフ、または調理師専門学校の生徒(飲食店・宿泊施設に従事する料理人の他、出張料理人、料理研究家、調理学校講師なども含む)

レシピの条件

未来のレシピ条件【基本条件】以下2つの条件から、どちらかを選択
・食料の無駄をなくす(食品ロス削減)
・より多くの野菜を使用(プラントベース)

【加点条件】以下の条件を満たす場合、評価に加点
・低カーボンフットプリント
・ベターミートの使用
・地産地消と旬の食材の推進
・水産資源や生態系の保全に配慮した魚介類の使用

評価ポイント

未来のレシピ評価ポイント

  1. サステナビリティ「変える力」:従来までの調理方法に対して、どのくらいサステナブルか
  2. クリエイティビティ「伝える力」:ストーリー性、メッセージ性に優れているか
  3. 見た目「魅了する力」:調理テクニックが伴っているか、盛り付けが魅力的か

表彰について

3つの優秀賞が用意されています。

・最優秀賞
・IDEAS FOR GOOD賞
・macaroni賞

<副賞>
・最優秀賞:某ホテル宿泊付き研修旅行
・優秀賞 :macaroniへのレシピ記事掲載

応募方法

特設サイトの応募フォームに必要事項を記載して応募してください。

応募スケジュール

応募締め切りは10月2日(土)まで。10月16日(土)の世界食料デーに特設サイトで優秀レシピを発表します。

・応募期間: 9月16日(木)~10月2日(土)
・ファイナリスト審査: 10月4日(月)~10月14日(木)
・優秀レシピ発表  : 10月16日(土)世界食料デー

世界食料デーとは?

1945年10月16日に国連食糧農業機関(FAO)が創設されたことを記念して、毎年10月16日は、世界の食料問題を考える日として、国連によって1981年から「世界食料デー」として定められました。

飢餓に苦しむ人々、全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す国連の記念日であり、世界の一人ひとりが協力し合い、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としたものです。

世界食料デーには、世界各国で様々なイベントが開催されますが、「Creative Chefs Box 2030」もそうした活動の一環です。

この記事は役に立ちましたか?

Return Top