ソーシャルグッドCatalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

アセクシャルとは?意味・ノンセクシャルとの違いについても紹介

アセクシャルとは?意味・ノンセクシャルとの違いについても紹介

アセクシャルという言葉をご存じでしょうか?

アセクシャルという言葉をめぐっては、混乱しやすく、理解が難しい印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。なかなか理解が進まないことで苦しむ存在がいることを少しずつでも良いので知ってもらえればと思います。

アセクシャルの意味

「アセクシャル」(英語: asexuality)とは、恋愛感情の有無に関わらず他人に性的魅力を感じない、性的に惹かれることがない、性的欲求が向かない人のことを意味しています。

「無性愛者」や「Aセクシュアル」(エイセクシュアル)とも呼ばれています。

最近、LGBTQという言葉の認知度が高まってきましたが、更に、間性の”I”、アセクシャルの”A”、その他の”+”を加えて、LGBTQIA+などと表現されることもあります。

世界最大級のアセクシャルコミュニティーである『the Asexual Visibility and Education Network(AVEN)』では、

恋愛感情の有無に関わらず、他者への性的欲求を経験しない人

と定義しています。

また、「性行為や性的魅力をそれほど重要視しないこと」と定義される場合もあります。

無性愛者のコミュニティがあり「エースコミュニティ」(英語: ASE Community)と呼ばれています。無性愛者がエース(ASE)と呼ばれているためそう名付けられたようです。

アセクシャルは多様なセクシャリティの一つです。

性欲を抱かない「無性欲」、性的行為に対して嫌悪感をもつ「性嫌悪」、「性的欲求低下障害」(略称「HSDD」)といった症状とは異なります。また、後天的に性的欲求を抱かなくなる場合もあり、アセクシャルになる時期やきっかけなどは人それぞれ違うので、こうと決めつけることはできません。

社会におけるアセクシャルの理解が低いために、人に対する愛情や結婚願望がないと誤解をされることが多く、苦しい胸の内に打ちのめされている人がいることを知っておく必要があります。国際的にもアセクシャルに対する認識を高め、啓発を行うキャンペーンが行われたりしています。

アセクシャルと混同しやすいノンセクシャルとは

「アセクシャル」と混同しやすいセクシャリティに「ノンセクシャル」(英語: non-sexual)があります。

「ノンセク」と和製英語で呼ばれたりします。「他人に対して恋愛感情を持つことはあるけれど、性的欲求は抱かない人」のことを意味します。

また、ノンセクシャルは、「ロマンティックアセクシャル」とも呼んだりもします。ロマンティックとは、性行為や性的魅力の関わる必要のない恋愛関係を指す言葉です。つまり、恋愛という意味で恋をするのが「ノンセクシャル」や「ロマンティックアセクシャル」なのです。

アセクシャルの人とノンセクシャルの人は、言葉が似ているせいか同じようにとらえられがちですがこの2つのセクシャリティには、大きな違いがあります。
それは他人に恋愛感情を持つかどうかにあります。

誤解を避けなければならないのは、アセクシャルの人が恋愛感情を抱かない人だからといって誰にも愛情を抱かない冷たい人では決してないということです。友人や家族、知人などに対して愛情を抱きますし家族として結婚を望む人も中にはいます。

アロマンティックアセクシャルとは

「アロマンティックアセクシャル」(英語: Aromantic Asexual)とは、誰に対しても、恋愛感情も性的欲求もどちらの感情も抱かない人達のことを意味します。

また、ノンセクシャルやアロマンティックアセクシャルのほかにも、滅多に恋愛感情を抱くことが無いのだが極稀に強い感情的な絆や信頼関係が築かれている関係の人に対して恋愛感情を抱くことがある「デミロマンテイック」(英語: Demiromantic)や、他人に対して基本的に性的欲求を抱くことは無いが強い愛情や深い友情を持った相手に対してなどのごく限られた場合に性的欲求を抱くこともある「デミセクシャル」(英語: Demisexual)といった恋愛感情に対するアイデンティティが存在します。

このように人の性に対する在り方は本当に複雑で多様であり、世の中にさまざまなセクシャリティやアイデンティティが存在しています。

アセクシャルの結婚観について

アセクシャルの人達の結婚についての考え方は人それぞれです。

もちろん他のセクシャリティの人と同じように、結婚を望む人もいるし、結婚願望が全くない人もいます。結婚は望んでいなくてもパートナー関係を望む人もいるでしょう。

このように人の結婚観や恋愛観は自分が決める大切な価値観なので、周囲の人々が恋愛や性的嗜好の価値観が自分とは違うからといって、偏見を持った目で見たり、自分の価値観を他人に押し付けるべきではないと言えます。

結婚の形や愛し方はひとそれぞれあってそれでいい。そういった人の選択を肯定できるような社会になれば、もっと多様に自由に自分の幸せの在り方に対して声を上げる人がでてくるのではないでしょうか。

終わりに|アセクシャルとは?意味

セクシャルマイノリティを語る上で、「恋愛の形は自由であるべき」と言われることが多いですが、必ずしも全ての人が恋愛感情や性的感情を抱くわけではないということを忘れないで欲しいと思います。

自分の価値観と違うだけで拒絶するのではなく、お互いに知ることで自分の価値観にはなかった世界が広がり歩み寄れるきっかけにもなります。

それぞれの選択がそれぞれに広がり、窮屈な思いをする人がいない社会へ進んで行きたいですね。

セクシャルマイノリティに関する記事一覧

LGBTQとは?意味・割合・イベント・SDGsの各目標との関係性について
・アセクシャルとは?意味・ノンセクシャルとの違いについても紹介
パンセクシャルとは?意味|バイセクシャル・ポリセクシャル・ノンバイナリーも紹介

この記事は役に立ちましたか?

Return Top