Catalyst

社会課題解決ビジネスを共創する

社会課題解決を仕事にしたい人の採用・転職サービス一覧

社会課題解決を仕事にしたい人の採用・転職サービス一覧

2025年には世界の労働人口の75%がミレニアル世代、ジェネレーションZ世代になると言われており、労働人口の高齢化が進む日本においても、2025年には約50%を占めると予想されています。

これらの世代は社会課題の解決に貢献できる仕事を重視する傾向にあります。一方、現在の働き手の中心となっている団塊Jr世代も、子育てがひと段落する年代に差し掛かっており、人生100年時代と言われるなかで、これからの働き方について思いを馳せる人が増えています。

仕事選びの価値観が大きく変化しつつあるなかで、社会課題解決を仕事にしたいと考える人のための転職・採用サービスをご紹介します。

就職先企業に決めた理由で最も多かったのは「社会貢献度の高さ」

株式会社ディスコ(本社: 東京都)が、2021年3月卒業予定の大学生を対象に行った調査(2020年8月)によれば、就職先企業に決めた理由として最もポイントを集めたのは「社会貢献度が高い」でした。

学生が就職先企業を選ぶ上で、仕事を通じた社会貢献を重視していることが表れています。

就職先企業に決めた理由
【出典】株式会社ディスコ「就活生の企業選びとSDGsに関する調査(2020年8月)」

社会課題解決を仕事にしたい人の採用・転職サービス一覧

一般的な転職・採用サービスでも、採用企業の中から社会課題の解決に取り組んでいる企業を探し出して応募することはできますが、ここでは、社会課題解決型のビジネスをしている企業に特化している採用・転職支援会社を紹介します。

DRIVEキャリア

DRIVEキャリア▼サイト: DRIVEキャリア
【社名】特定非営利活動法人ETIC.
【本社】東京都渋谷区

スタートアップ、ソーシャルセクターなど「未来を創る」仕事に特化した求人サイトです。

1993年の創業以来、実践型インターンシップや起業支援プログラムを通して1000人以上の挑戦を後押ししてきたNPO法人ETIC.(エティック)が運営しています。

新たなイノベーションに挑むスタートアップ、革新的ビジネスモデルで社会の課題解決に取り組むソーシャルベンチャー、都市にはない魅力的な資源に溢れる地域を舞台にしたローカルベンチャーなどを中心に紹介しています。

条件面だけでなく、働く人の思い、その仕事のやりがい、組織の目指すビジョンを丁寧に紹介しており、「同じ思いを持って働く」という共感性や、働く上で一番大切な「やりがい」を軸に仕事を探したい人に向いています。

SCOPE

SCOPE▼サイト: SCOPE
【社名】アスタミューゼ株式会社
【本社】東京都千代田区

企業の新規事業開発と技術活用コンサルティングを行うほか、ソフトウェア、素材、化学、医療など、専門領域に特化した転職サイトを運営してきたアスタミューゼが運営。

「SCOPE」は、募集企業が掲げる解決したい社会課題を中心とした「実現したい未来」に、求職者が自分のなりたい姿を重ね、“共感”でマッチングする新しい形の採用プラットフォームとなっています。

大手企業からコア・テクノロジーを持ったエッジの効いたスタートアップを中心に約200社の募集情報が掲載されています。(2021年6月24日現在。「SCOPE」の掲載企業一覧より)

Beluga Career

Beluga Career▼サイト: Beluga Career
【社名】Leaf Ring株式会社
【本社】東京都港区

人材紹介を中心とした各種採用支援サービス事業と、中期経営計画策定・新規事業立案等の各種コンサルティングサービスを展開しているLeaf Ringが運営。

再生可能エネルギー・電気自動車 (EV) などの持続可能な社会への橋渡し役を担う環境先進企業が急成長を遂げるなか人手不足が課題になっています。

そうした環境先進企業と、環境分野に興味・関心のある求職者の就労機会を提供するために「BelugaCareer」を運営しています。

「Beluga Career」では、再生可能エネルギーや省エネルギー分野を中心に地球温暖化対策を推進する求人企業を中心に紹介しています。

分野(例): 再生可能エネルギー/省エネルギー/電気自動車(EV)/代替燃料(水素等)/蓄電池/次世代電力網/CO2回収/代替肉

activo(アクティボ)

activo▼サイト: activo
【社名】株式会社activo
【本社】京都市西京区

activoは国内最大級のNPO・社会的企業のボランティア・職員/バイトの募集サイトです。

NPO法人の正規職員の年間給与額は「平均的な人」の平均値で約260万円(労働政策研究・研修機構「平成27年度 NPO法人の活動と働き方に関する調査」より)となっており、NPOが抱える課題は人材不足が中心となっています。

そのような状況に対し、activoを使うことで非営利組織やソーシャルビジネスが、資金的な問題を抱えていても必要な人材の採用やボランティアの募集に成功でき、社会課題に対して何か行動をしたいと思っている個人は、ぴったりな活動をすぐに見つけて参加することができ、寄付はハードルが高い人でも参加できる支援方法で、気軽に活動を応援することができる。

そのようにして、企業や行政もプラットフォームに参加し、一緒に社会課題解決に向けて協業していく仕組みづくりを目指しています。

Return Top